魚に含まれる成分

ダイエットした女性の腹

 DHAとは、魚に含まれている成分の一種です。魚の中でも特に、マグロやカツオと言った青魚に多く含まれています。ちなみにDHAとは略称で、正式名はドコサヘキサエン酸と言います。  DHAは脂肪酸の一種です。脂肪と聞くと、健康に良くないものというイメージを持つ人も少なくないです。しかし人間が生きていく上で、脂肪酸は大切な働きを担っています。  DHAは様々な種類の脂肪酸の中でも、多価不飽和脂肪酸という種類に分類されます。多価不飽和脂肪酸は必須脂肪酸と呼ばれるもので、体内で重要な働きをしてくれます。主な働きは、脳や網膜等の成分となる事です。この成分が充分に働く事で、脳の情報伝達がスムーズになる等の効果が得られます。

 前述したように、DHAは私達が健康に過ごす上で大切な成分です。しかし、一つだけ重大な特徴があります。それは、体内で作り出す事が出来ないという特徴です。そのため体外から補う事で、不足状態を回避する必要があります。  DHAの代表的な摂取方法としては、DHAを含む食材を食べるという方法があります。DHAはマグロやカツオに多く含まれる成分ですから、それらの食材を積極的に食べれば良いのです。  しかし、これらの魚は季節のある物ですし、味や匂いが苦手だという人も少なくないです。そうなると、食材だけでの摂取には限界があります。そこでおすすめの方法として、サプリメントを活用するという方法があります。  サプリメントならば、通信販売等で一年を通して購入出来ますし、味や匂いも気にならないです。しかも成分も凝縮されているので、効率的に摂取する事が可能になります。